莫宰羊 精緻羊肉料理 精緻羊肉料理
中文版
回首頁
 

「莫宰羊」は宜蘭の三の兄弟が群を作って創業して一所懸命に働くのだ典範が成功する
「莫宰羊」先生は下港に受けるも羊肉店の林の夫婦の技術教えと引き立ての下には、創業して今まで十六年以来、通して家の三の兄弟を頼むの努力の経営を分担を決めて協力し合って、やっと台北地方で三家の縦営店を成立した。十八年前にさっき除隊した賴家二兄を回想し出して、持った温厚篤実だと一所懸命に働くの気持ちは到着した「次の港も羊肉店」先生を拝んで藝を勉強して、勉強した師匠が後ろに林をもらったのうなずく、民国八十一年で独立創業する、林は師匠は当時巧みな構想で作ってみごとな看板を一対贈った、看板問文字のだ「あなた羊を殺す !無いやはり莫宰羊!」、たらこの句は対が閉じ込めて、しかも琅は流暢に、多くの消費者の検討と愛顧を獲得して、耳を口を客食べていることについてお互いに次で、当今の『莫宰羊』を仕立てた金看板を伝えると言う。

羊の文化を食べる
昔から羊肉のだ宮廷の中の身の珍味を養って、溫潤をあって栄養をつける、補中益は胃の健やかな力、助けの妊婦を怒らせて、開ける、乳治を知らせ##て免疫力などの栄養の価値を持ちて、高める、しかも四季は味わうのがすべてよろしい。安定の肉質及び食感を提供するために、「莫宰羊」の羊肉食材料はすべてニュージーランド、豪州が輸入したゼロ汚染を精選するのだ##て羊肉を精選する、台湾の伝統の羊肉を利用して手口を処理する、およそ熱い炒める、涼しい和えて、醤油煮込む、清煮込む、あぶる、滷はなどを作って方式を処理して、伝統的な本場的な豆瓣醤、豆鼓、麺罫、漢方薬材料などを取り合わせて材料と処方を食べる、すべて美味を一つの道創作することが出来る口に合うと身滋が足した羊肉料理を養う、十六年以来もうお客様達の評判肯定を獲得する。

技術の本位と衛生の品質を主張する
専門の羊肉料理技術は一心に各羊肉の美食を作製しに行くことで、こだわりは透明だとける台所は過程を処理して、飲食の安全な衛生を重視する一番いい証明だ。しかしながら美味しい羊肉を創作するのが私たちの責任だ、毎年羊肉が新しく処理したのも台所のチームだ主な任務を開発する、この店の専門はとけると透明だとけて貴賓達に価値があり##て安心すると肯定する。

収穫と展望を経営する
『莫宰羊』はいつも御客様を人と上客の気持ちが預かるサービスして、さらに田舎者が机を扱った精神と熱誠を出すのだ##て各賓客をもてなす、莫宰羊の美食はサービスと、どっちみちお客様達を感動させるので及び満足する、とき接客係がお客様を聞こえて私たちに言う声感謝、この後ろのすべての努力と労は全部価値があるのだ。莫宰羊飲食企業は一株の若木と同じように、皆さんの愛護と長期が掛かるのだ##て灌漑するの、から私たち成長している段階、しやすいできる待ってあげる部局がある、各お客様を期するの愛護と指導を願って、さらに莫宰羊をもっとたくましくさせる。

莫宰羊の精緻な羊肉はレストランの六大管理原則を処理する
「正札価格、衛生、美味、豊かで、親切で、永続的だ」

一、 材料の先クラスを食べて、正札価格を消費すること:
「莫宰羊」は小商いのレストランだが、ない惜はコストは一流のホテルの同等と豪州を採用する「澳施特に (Orster )牧場」の特に極めて小さい小羊の肉食の材料は、社長を頼んでお客様に主張して最もよい食材料を受けて、正札価格を消費してとけて多く売り捌いて、人に一番美味しい羊肉料理が食べられさせて、お客様が物がほしくてすごくよく値して賞品や食事でねぎらって一人で良い剤を度食べる時に、きっと「莫宰羊」を思い当たることを希望することを薄利を期する。

二、 衛生を重視して、経営を革新する:
「莫宰羊」は飲食の衛生の品質を重視して、先んじてイタリアの輸入完成品が輸入した強熱を採用して食器洗い機が殺菌して、生真面目だ食器は徹底的に盆を茶碗洗浄して、使う油垢及び病菌が残らなくて、社長を頼んで台所を主張する透明だとけて、お客様を台所が処理した過程を見えさせる、ばかりでなく譲るお客様達の顔が利く心、さらにお客様達攜家を眷を持たせるのが食事を取りにくるのが全部心安い。これ以外に、「莫宰羊」連鎖のレストランの創造的な経営の管理は、すべて専門POS点野菜システムを導入して、効いて下げる少し料理の過まち率、あげる上野菜の効率と仕切る正確さは、お客様に食事を取っていさせる過程は、すべてサービスする順調な性が感受できた。

三、 味は本場的だ、料理は富む:
「莫宰羊」のシェフは小羊の一番美味しい肉質部位を精選して、社長を頼んで台湾の本場的な味を主張して、取材するから南部岡山地方の豆瓣醤、豆腐乳、豆鼓、油蔥は柔らかくて脆い、薬材料はもとの物剤及び処方を待って、そして台湾南北各所の羊肉を網羅して手口を処理して、式の羊肉の食事を瑯の目の前に溢れている台琳を作製して、「莫宰羊」に入って羊肉のごちそうを受けると同じ全台湾の羊肉料理を食べる。

四、親切をサービスする、食事を取るのがのびのびしている:
「莫宰羊」は伝えて台湾田舎が伝統的な美食を経営した客好き文化を受けて、お客様を遠い道はそして来る良い友ような招待として、ここで食事を取る距離感及び拘束感がなくて、社長を頼んで主張してサービスして味を「もとの味、人情味、台湾の味」を三融け合って合一する、「莫宰羊」連鎖の三間レストラン持つそれぞれからのレストランの環境スタイル、いかに道端の露店の式だの環境が食事を取る又は高級なレストランの式の環境が食事を取る、すべては各階層を提供する人士選択好み、空間がのびのびし食事を取る、満足だお客様の事業の成功を祝って楽しく集まる、貴賓を宴に招く、家庭は食事を取る、恋人デート、個人は各種の消費の需要がなどが食事を取る。

五、国際の視野は、永続は経営する
「莫宰羊」は視野を経営して見渡すまで国際は市場を観光して、積極的に国際の観光客に「台湾の精緻な羊肉は文化を処理する」を押し広めて、未来の「台湾の精緻な羊肉は文化を処理する」を期すれば「中国モンゴルは羊の文化を食べる」と肩を並べて前進して、世界的に有名になることが出来る。社長を頼んで永続的な経営を主張する信念は、一生懸命に専門のブランドのイメージをあげて、累積するもっと専門の経営経験と技能を処理する、絶えず新しい献立を開発する、台所を継続的にあげ##て衛生を努力する、もっと良い飲食施設を投入する、誠心誠意の態度で最もよい飲食、サービス、環境を提供する、国内に力を注いで推し進める「羊肉は年がら年中完成する料理」の新しいアイデアは、愛護とお客様の長期支持が一心にフィードバックして、お客様の満足度と良い評判を繋ぐ。

社長の感謝話を頼む
「莫宰羊」飲食企業のイメージのウェブサイトが一年のうんじょうと半年をしばしば経験するのはデザインを構想して、やっと宴が立派なありさまで一回の視覚饗を現れることが出来る。このすべては、経済部に感謝する商業司の選考委員の指導とプロジェクトの補助も感謝している衛発展中心の張マネージャー及びその専門顧問のチームのガイダンスと激励は、「莫宰羊」が精巧に踏み出してとけて、国際化した分野を援助して、台湾の羊肉が処理した専門をさせて重視を得た。ウェブサイトの中の美食の情報は、たくさん譲るの友達は年がら年中すべて美味はその場に適応することを理解することが出来るの羊肉は処理する、「莫宰羊」は人を怖がらせる羊臊味がなくて、専門の料理の技術で完全に先クラスの羊肉食材料佐を採用して、もう無数の人の嘆賞及び評判を射止めて、絶対に栄養の健康だ飲食の新しい選択だ。一位ごとに莫宰羊を支える友達に感謝するために、莫宰羊はフィードバックと努力を経営する、いい飲食サービスを提供するに大衆を消費する。

 
     
 
I I I
你來了就宰羊,嘸來還是莫宰羊
莫宰羊精緻羊肉料理 版權所有 © 2008 All Rights Reserved